カメラを歩行ロボットに搭載

スマホと連動できるカメラを歩行ロボットに搭載しました。
もともと管理カメラ用のアプリもあるので、そこからパンとチルトをさせているステッピングモータの信号を取得。
それを使ってロボットをコントロールしてみました。

・コントロールしている動画はこちらをクリック

カメラ映像も手元のスマホでコントロールできますし、このままで録画をしたり動体検出モードで待機させることもできます。

6輪ローバーロボットの設計

県内の高校からマイコン制御の技術指導の話が来ました。
6輪ローバーロボットをマイコンでコントロールしたいそうです。

そこで、ローバーロボットを設計してみました。

ロボットに関する情報を調べると、6WSのような感じでステアリングを切れるものが多いのですが、クローラのような極地旋回ができるか実験してみたいと思います。

弊社で設計・製作を行ったロボットが広報みなみそうまに掲載されています。

弊社で設計・製作を行った、コンセプトクローラロボット(試作クローラロボット)が広報みなみそうま6月1日号に掲載されております。

現在、南相馬の企業が集まりワールドロボットサミット2020に出場すべくロボットの設計を行っておりますが、その設計コンセプトや実機で想定される問題点などを事前に検証するためにコンセプトクローラロボットを弊社で製作しました。

ロボットはプラント保守点検作業ミッションに投入されるため、悪路走行や階段の昇降、バルブの操作などを必要とします。
それらの作業をいかに直感的に作業できるか検証するためのロボットが写真のロボットになります。

15個のサーボモータとマイコン、カメラやビデオトランスミッタなどを搭載し、遠隔作業が行えるようになっております。
このロボットの実機試作版を年内中に製作する予定です。

・広報みなみそうま 6月1日号

4足ロボットの造形完了

設計から製造までを自前でできるので速さも弊社の強みです。
プロトタイプを設計し、実際に可動域を現物で確認すると強度的に弱い部分などが見えてきます。

昔は部品加工も大変な作業でしたので、十分に検証してからでないと物が作れませんでしたし、手直しも大変でしたが今は時代も変わり簡単に製作することができます。
なので作りながらブラッシュアップするようなこともできます。

4足歩行ロボット

単に動作させるだけでなく、実用的なものを思いつき設計中。
市販のアレを組み合わせると面白いかなと思いました。

JAEA殿向け採泥装置を搭載したマルチセンサー装置がプレスリリースされました

弊社も協力し製作した海底の泥を採取する「採泥装置」を搭載したマルチセンサー装置がプレスリリースされました。

・JAEAプレスリリース
測定・サンプリングなど多目的に使用できる“海洋のドローン”の開発

・日経新聞ブレスリリース
無人船で海の深さや放射線を測定、原子力機構

あまり弊社の名前が表に出ることはありませんが、今回は協力企業の1つとして「Takerusoftware」の名前が載っております。

会津大学殿との懇親会に参加しました

先日、南相馬市ロボット産業協議会のWRSメンバーと会津大学殿との懇親会があり参加しました。

懇親会前に弊社が現在製作しているコンセプトクローラロボットのデモを行い評価していただけました。
その時の意見を元に操作系を刷新してより直感的な操作系インターフェイスを構想しております。

その後の懇親会では、様々な有益な意見交換が行えました。
参加した方々はみなものづくりのエキスパートですから、集まって話をすると面白い意見がでて楽しいですね。