クローラ模型の整備

こども科学祭で使うクローラー模型の整備をしています。

これは南相馬ロボット評議会のロボット分科会で制御を学ぶセミナーの制作物ですが、数10台もあり、せっかくなので子供達に遊んでもらってロボットへの興味をもってもらおうということで出品することになりました。

破損した部品、焼けたサーボモータなどを使えるものと交換して仕上げていきますが、フルスペッククローラーと読んでいる写真のようなクローラアーム、作業用ハンド付きのモデルは操縦が小さな子には難しいので、今回は3タイプのクローラーロボットに編成することにしました。

左上2台がミサイル発射型、その隣の2台が作業用ハンド付きのフルスペッククローラー、下の6台が作業用ハンド付きのクローラーロボットになります。

季節も秋なので「秋のロボット運動会」と称して、これらのロボットを使った競技を子供達に遊んでもらおうかと思いました。

ミサイル発射型を使った的当てゲームや、フルスペッククローラーを使った障害物競走、ハンド付きクローラーを使った神旗争奪戦などなど、台数が揃うことと競わせることで色々なゲームができると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください