1/6スケールで大きさを検証

プロトタイプ製作をするときに、実際の製品のサイズ感を確認するために1/6スケールで造形します。


動作する実物は実際のサイズの1/3ですが、階段を超えるのが厳しかったので、1.3倍したものを1/6モデルにしました。

1.16倍くらいでも良かったかも?大きく感じます。

さて、なぜ1/6で作るのかというと、ちょうどいいフィギアが1/6なのでそうしてます。
このフィギアは身長180cmを想定していて約30cmあります。
このフィギアと造形物のスケールを合わせておくと、実際のサイズ感を掴むことができます。

うーん、かなり大きいロボットになってしまったなぁ。

実際にWRSを考えたときにこれほどの上半身は要らないですね。
また、センサーも制御も実際は遥かに小さいですし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です