階段を製作しました。

クローラーロボットに前進・停止・後退・右旋回・左旋回の機能を持たせたので、実際の階段の1/3サイズの模型を製作し、登れるか挑戦してみました。

前後アームクローラーを使って階段を上ることができましたが、カバーが引っかかってしまうことと、リアクローラの組みつけが悪く過負荷気味なので改善が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください